グレが切実に釣りたいブログ

グレ釣り、タチウオ釣り、バス釣りetc季節で釣れる魚を釣っていく。楽しむのが一番ええよねー。

【フカセ釣り】棒ウキのメリット・デメリットについての徹底考察

毎度お世話になっております。

『自称グレ釣り師りょ』でございます。

 

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

 

今回のお題はこちら!!

【フカセ釣りでの棒ウキ】

f:id:gureturishi:20200513163741j:plain

最近はトップトーナメンターの方も使っておられますね。

円錐ウキじゃ全然アタリでんくてダメじゃーん。

 

そんな時に威力をいかんなく発揮するのが【棒ウキ】

 

まさに『リーサルウェポン』って感じですよね。

 

 

そんな【棒ウキ】についてメリットデメリットに分けて徹底的に考察していきたいと思いますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。

 

最後に『自称グレ釣り師りょ』が使っているおススメの棒ウキもご紹介しますので、良ければ最後まで見ていってくださいね。

 

まずは【メリット】からいってみましょう。

 

【メリット1.アタリが取りやすい】

間違いなくこれが【棒ウキ】を使うことによって起こる最大にして最強のメリットです。

円錐ウキでは感じることの出来ない極小のアタリでも、棒ウキならウキに当たりが出ます。

 『これがメリットじゃなければ何がメリットじゃ!!』

それぐらいメリットです。

そして結果にコミットします。

 

 

【メリット2.逆光でも見やすい】

 フカセ釣りにおける【三大自然現象】

『爆風』『爆荒れ』『スーパー逆光』

釣り人を失意のどん底に突き落とす【三大自然現象】ですが、釣りをする上でかなりのストレスを全力で与えてきます。

 

【棒ウキ】はこの『スーパー逆光』でも肉眼で見れます!!

魚のアタリは勿論のこと、潮の流れを流れを見ることにおいても、

フカセ釣りではウキを視認するのはとても大事なことです。

 

 

【メリット3.遠投・強風に強い】

 使用するウキにもよりますが、棒ウキは意外なぐらい遠投できます。

そして遠投して困ることって何だと思いますか?

そう!その通り!!

『遠すぎてウキが見えない』

 

 もうお分かりですね。

『見えるんです!棒ウキ!!』

 

そしてなぜ強風に強いか。

棒ウキの下部は海の中に入っています。

その下部に『管(かん)』が付いていてそこに糸を通して使用します。

『仕掛けが海の中に全部入っている』

 ということはすなわち

【風の影響を受けにくい】

 

このような公式になるわけですね。はい。

 『仕掛けが海の中に全部入っている』×『風の影響を受けにくい』【魚が釣れる】

 

以上が、メリット】となります。 

f:id:gureturishi:20200319150651j:plain

お次はデメリット】いってみましょう。

 

【デメリット1.大きな波があるときはダメ

もぉ~全然ダメ。w

『ボブサップと戦った時の曙ぐらいダメ』

ウキが波に負けて「パッタンパッタン」倒れるし、波の動きに合わせてウキも浮き沈みするので、全く仕掛けが落ち着きません。

大人しく円錐ウキを使用して、『波の下を潜るように浮力調整する』か、ウキを沈める『沈め探り釣り』にしましょう。

 

 

【デメリット2.釣り方が一択】

【棒ウキ】の使い方はあくまで

『ウキを浮かして視認して当たりをとる』

 

これが大前提なので、最近流行っている『沈め探り釣り』『荒れている時に浮力調整して波の下を潜らす』等の小細工には一切向きません。

しっかりと余浮力を残して、ウキを浮かして使うことをおススメします。

 

 

【デメリット3.複雑な潮には不向き】

 これは私「自称グレ釣り師りょ」個人的な使い方ですが、波が速くても遅くても

『一定の方向に単純に流れている』

 このような状況で、『サシエサは取られるがウキにアタリが全くでない』って時に使用することが多いです。

潮と潮がぶつかってできる『潮の壁』が出来るような状況の時は、円錐ウキを使って潮の壁に潜らせたりする方が圧倒的に釣果につながっています。

 

f:id:gureturishi:20200122191120p:plain

※記事の内容とは一切関係ございません。

 

 

自称グレ釣り師りょプレゼンツ!!

【おススメの棒ウキ1選】

『DAIWA ベガスティック タフ 遠投ロング(自立)』

f:id:gureturishi:20191217231541j:plain

1選てっ!!www

でもこのウキだけで十分です。

しかも2分割できます。

他にもいいのはあると思いますが、このウキで十分に通用すると思います。

 

『遠投できる・見やすい・自立する』

もしも他のウキを買うにしても上記の3つは間違いなく必須なので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

 

 

【総括】

今回はメリット・デメリットに分けてお話しさせていただきました。

なかなか磯でのフカセ釣りでは出番が少ないとは思いますが、是非1つは常に持っていてほしいと思います。

思わぬところで釣果に差は出るものです。

皆さん一緒に『釣りウマ』を目指して頑張りましょう!!

 

にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村